エフェクター

JOYO TAICHI

2022年 05月 12日 23:23 | カテゴリー: エフェクター
2022年 05月 12日 23:23
エフェクター

taichi01.jpg

とあるYouTuberギタリストの動画を見ていて、JOYOの新しいRシリーズというエフェクターがあるよと紹介されていたのを見て、Amazonに行ってみるとRシリーズがいくつかありました。

まあJOYOもいくつか紹介している中華製で、とにかく価格が安い。で、種類がいくつも出ているのですが、その中で目に飛び込んできたのが、このTAICHIです。

簡単にいうと、Harmidia AudioのZEN Drive、つまりダンブル系なコピーモデルです。JOYOなんて店頭に置いてあるところなんてないので、買うしかないかと、買おうと思ったら速攻売り切れてしまいました。待つこと1週間。再度Amazonに掲載されたので、ポチってみました。

 

本家について軽く触れてみる

Harmidia AudioのZen Driveはあのロベンフォード氏が使用したことで一気にブレイクした歪み系です。いわゆる脱TS系とかダンブル系の歪みと言われています。ダンブルアンプ自体がプロのオーダー品しかないもので、なかなか流通に出回ることもなく、入手困難なアンプと知られています。ダンブルでもいくつか種類はあるのですが、その中のOverdrive Specialと呼ばれるモデルを意識したものとしてZen Driveは作られました。

インターネットの時代ですから、中にはこの希少なアンプを手に入れて解析も進みます。確か1990年前後くらいの黎明期とも言える頃に出てきた一つがこのZen Driveです。確かにロベンフォード氏のライブなんか見ると、なんとも粘っこい、それでいてダイナミクスの広い音が展開されます。

音質的には、TS系のような中域にクセがあるわけでもなく、どちらかというとワイドレンジで上から下まで満遍なく出ている感じはします。若干アンプでLowを絞ってやるといい感じになる気がします。ギターのボリュームでタッチセンシティブなフレーズを弾く方なら、なかなか美味しい歪みだと思います。レンジが広いドライブなのでちょっと癖をつけるには、アンプ側での音質調整が必要です。ミッドを上げつつ、同じくらいにトレブルを上げると抜けも作れます。ロベンフォード氏のライブを何本か見た限り(毎回ではないと思いますが)で、ダンブルアンプをBass=4くらい、ミッド=7くらい、トレブルを7くらいで設定したのを見ました。それ以外は全てギターのボリュームでコントロールしています。

現在、Harmidia AudioはLove Pedalの傘下で生産を続けています。日本国内への入荷がそれほど多くないので、見つけた方はすぐに押さえてもいいかもしれません。

 

では、このTAICHIは?

taichi02.jpg

歪みは確かにワイドレンジです。歪み具合はミドルクラスで、極端に歪みはしません。癖のない普通のオーバードライブという感じです。ですが、Voiceつまみで中域にある程度の癖がつけられます。これも極端につくものではなく、少し持ち上がるかな?という感じです。トーンと相まって調整できるので、音質的には割と自由度は高いかと思います。

自分的には、もう少し歪みが強い方が良かったのですが、これはこれでありです。どちらかというとシングルよりはハムバッカーが合いそうな気がします。ハムバッカーでも癖の少ないPAF系とか、Gibsonの57Classicあたりだと良いのではと思います。

アンプのセッティング次第ですけど、ロベンの音というよりは粘りのあるOver Driveという感じで、弾き方を交えるとロベン風にもなります。それでも12〜1時くらいまではクランチ気味で、ギターのボリュームをグッと落とすと、クリーンまで落とせます。フルドライブでもギターのボリュームが3くらいではしっかりとしたクランチになります。

トーンもしっかり効きますが、BluesDriver系のようなジャキジャキ感には至りません。普通に使うなら、好みもありますが1時前後が抜けがあります。これにVoiceでハイミッドの癖をつけるとより音像が前に来る感じです。はっきり言ってBoss系にはない歪みと言えるでしょう。まあ本家が脱TS系とも呼ばれているので、確かにTSとも違う音質に仕上がっています。

 

そして事件が起こる...

自分的に歪みが足りないので、じゃブーストしてみるか...とBoss SD-1を前に繋いでみます。あれ?なんか変...。え?何これ?レベルが低い。接触不良のケーブルがあるのかと思い、ケーブルを取っ替え引っ替えするも効果なし。明らかに出力レベルが低い。

故障か?と思いきや、全機能的に問題なし。さて困ったので、一応販売店に聞いてみることにした。対応がすごく早くて助かった。1日で返事が戻り、内容を読んでみる。

他3台の在庫(その時時点)とも比べてもらったとのことなんで、全て同じ状態で、確かに SD-1と比べると出力は低いらしく、逆に SD-1の方が他のエフェクターとも比べて出力が高いとのこと。メーカーにも問い合わせてくれたらしいのだが、回答としてはノイズを抑えるためにも出力レベルは絞っているとのことらしい。調べてみると、入力インピーダンスが2.2Mオームと、BossのSD-1が1Mオームと2倍以上の値です。出力は同じなので、どうやら入力で搾られているよう?です。

いやいやいや、それでもこれはレベルが低すぎるだろう。SD-1のレベルが12時でゲインを10時、トーンを12時にして、これの半分ちょいくらいです。Taichiの方はレベルは最大で、ゲインも最大の状態で、です。これじゃブースターにもできません。レベルが12時の時、トゥルーバイパスのノーマル音の方がでかいってどういうこと?

歪みの質は面白い(割とフラットにレンジが広い、TS系やSD-1のように中域に癖があるものとは違います。またBD-2のようなジャギジャギ感はないながら、レンジがフラットです。Boss OD-3の低域を抑えた感じというのが近いかもしれません)ので、なんか使える方法はないかと模索してみました。

実はちょっと前にEQを買っていたのですが、その直後にNUX MG300を買ってしまったので、EQは買って使用することなく放置しておりました。なので、このEffects Bakery Choko Corone EQを繋いでみようと思い立ちました。

ChokoCorone EQは、音作りにはなかなかツボを押さえた帯域が良いのと、VOLとMasterの2つのレベルがミソで、周波数でブースト/カットしても出力レベルをコントロールできる優れものです。

こちらはもちろん出力はなんの問題もありませんし、現代のエフェクトそのものでマッチングも良いはずです。で、繋いでみました。

あら、不思議。普通の出力感です。ましてやEQは2段でレベルがいじれるので、過度なセッティングでも音量は抑えられ、思ったようにコントロールできるではありませんか!これはTaichiが前で、EQが後ろです。EQを通すだけ(このEQはトゥルーバイパスです)で、オフの状態でもレベルは普通に出ます。このレベルならなんの問題もなく普通に使えます。

とは言っても、自分的にはもう少しゲインが欲しいところ。ここでやっとSD-1でブーストしてみるところまで戻ってみる。なんかSD-1の癖が結構出てあんまり面白くないのです。これならSD-1でいいじゃんって感じです。素直っていえば素直なんだけど、Taichiの良さが出ないんです。

かといって、出力レベルが低いもんだから、こっちをブースターにすることもできないので...。ん〜、如何ともし難い歪みだな。まあこのミディアムゲインというのが、クランチには合うと思うんだけど、ブースターというよりは、歪みへの色付けという感じで、抜けを作るためとか、(ロベンのような)粘っこさを出すとか、正直自分では今まで必要としていない感じのところを補うような、アンプメインでのサブペダルとでも言いましょうか、あまり使い勝手の良いものではない気がします。どちらかといえばギターのボリュームを頻繁にコントロールする上級者向けです。でも端的に換言すれば、自分的には使わないです。

ちなみに、同じダンブル系と言われるJ・Rocket Audio TechnologyのDUDE V2とかHRMとかも試しましたが、こちらの方が歪みも少々強く、音のコントロール性も良かったです。特に雑誌のレビューではToneとVoiceの調整が難しいとされていたHRMでは、出したい音はすぐに作れましたし、歪みの質もややダーク(ちょっと重ため)で、好みでした。でも普通なら多分DUDE V2を選ぶんでしょう。どちらも似たり寄ったりの音ですが、音の作りやすさはDUDEの方が作りやすいはずです。もちろん、どちらも出力レベルは普通にありますし、フルゲインでもノイズが少ないことには驚きました。さすがはJRATといったところです。

このTaichi、レンジとしては多分BossのOD−3あたりのフラットな特性ですが、歪みの質はあまりチリチリ感がありません。少し軽い音ですね。低域もODー3ほど出ているわけでもありません。TS系やSD-1のように中域に癖はないので、ソロの時に踏むとかもないでしょう。クランチ系のアンプにかけっぱなしで、アンプを補うように使うといったところでしょうか?でも、この範囲ならアンプだけでも作れますし(もちろん良いチューブアンプに限りますが)、トランスペアレントに近い(ほぼ歪んでいない)ようなアンプを気持ち汚す程度で、ギターのボリュームをバリバリにコントロールする方向けかな?という感じですね。ダイナミクス勝負の方には都合良さそうです。