プライベート

東京からの速報!

2011年 06月 05日 19:22 | カテゴリー: プライベート
2011年 06月 05日 19:22
プライベート

予告していましたとおり、現在東京に来ております。

 

FM放送に乱入!

実は私の旧友である@daycraze(デイクレイズ)さんと@nitecruise(ナイトクルーズ略してナイクルさん)さんがパーソナリティを務めるFM放送「@daycrazeのSound Kitchen」(FM小金井88.8MHz)に乱入してきました。とは言ったものの、シェフ(@daycrazeさん)が遅れたために番組乗っ取りを敢行しました。

このFM小金井さんは地域密着型のローカル放送ですが、現在はU-Streamを使ってアーカイブ(番組の収録内容)の発信もしています。Sound Kitchenは現在毎週土曜日の19:00~20:00の1時間番組で、ミュージシャンでもあり、コンポーザーでもある@daycrazeさんが「音の料理人」として、相方の@nitecruiseさんと一緒に作曲に関することやアレンジに関することなどをお届けしています。

今回は私のTwitterアカウントである@sonicmagus(ソニックメイガス、Sound Magicianの別の読み方)ではなく、サイトと同じ「まるは」で出演しています(よかったらフォローもお願いします)。

そして、@nitecruiseさんのブログのほうでもSound Kitchenのアーカイブを載せていますので、ぜひ聞いてみてください(6月4日放送分)。まあ、初めての出演でしたのでいつもの記事のようにはいきませんでしたが、Sound Kitchenの内容に即したお話となっています。

今回は前半乗っ取りでギターの奏法やプロとアマチュアの違いについて、実体験をもとに話しています。後半はいつものSound Kitchenで、先週に引き続き「モバイル・ミュージシャン」をテーマに、先週の宿題であるシェフのオリジナル曲をiPhoneを使ってアレンジしたらどうなるか?を解説しています。

@nitecruiseさんのブログ(6月4日放送分)  http://blog.nitecruise.net/archives/2925

 

ライブにも参加

さらに同日、FM小金井のラジオステーションが入っているビルの地下に新しいライブハウス「Solid」のオープンに先駆け、こけら落としがありました。特別ゲストに大事MANブラザーズバンドの立川さんを迎えて行われ、数バンド出た中で「おまえも出ろよ」といわれ、参加してきました。

まるは「で、曲は何を演るんですか?」

バンドの人「あ、さっきつくったヤツ」

まるは「......」

というわけで、3コードではないんですが簡単なブルース進行だったので、リハなし、ぶっつけ本番でアドリブ大会的になりました。一人は70年代のセミヴィンテージのFenderストラト+JC120、一人はGibsonレスポールのヒスコレ+Marshall JCM2000。

これで私に手渡されたギターは...Playtechのストラト(¥5980)+Fender Frontman 112だったかな?(ちょい昔のソリッドステートの60W)。さて、これでどう立ち向かうか!音質的にはクランチにして、ギターのボリュームで歪みをコントロールするベーシックなセッティングにして、何とか負けていなかったと思います。

それにつけても初心者には申し訳ないが、この入門用ギターというのを初めて使ったけど、なんと弾きにくいこと。妙にフレットが低くて音詰まるし、ネックがサテン仕上げなのに全く滑らない。スイッチも堅いしボリュームのトルクも堅い。

ハッキリ言いますがこれでは腕が上がりません。最低限(いろいろなところで聞きますが)5万以上のギターを手に入れてください。ギターが嫌になっては続きませんし、どうセッティングしても良くはならないことはハッキリとわかりました。

良いものを買えば、自分のテンションも上がりますが、弾きやすさにも影響します。テクニックを磨くにも良いギターならすぐに覚えられますが、制約がつくギターでは向上は望めません。本気でギターやりたいなら良い物を買いましょう。「飽きるかもしれない」とか、「続かないかも」なんて最初から言う人は入門セットギターでも良いのでしょうけど、それではギターを始めようという最初の意志が揺らいだままで腕が上がるはずがないんです。高いギターで最初の自分の壁を越えることで、本気に取り組むことにもなっていくわけです。

まあ、強要ではありませんが、自分のレベルをレベルの高い機材から始めることはテクニックや知識において、短時間で習得できることになります。回り道をしたくないなら、そこそこのレベルは必要ですから。

 

立川さんの音楽性

それにしても立川さんすごかったな。「それが大事」は一代ヒット曲ですが、やっぱり万人に受け入れられる要素は持っているし、ヒットの要因も持っている(それが何なのかはどこかで説明していきます)。改めて、大ヒットの持ち歌があると違うなと思い知らされました。でも、それは結果であってあくまでも人を魅了する要素を形にしたことこそ、すごいと思います。

長年音楽に携わってきて、いろいろなところでそんなことを意識して作曲やアレンジもしていましたが、いつも今一歩届かずという感じでした。レコード会社のオーディションも最終選考までいったのが今までの最高記録だったし。でも今一歩でデビューにはなりませんでした。

今回の演奏はボーカルはもちろんご本人でアコギ1本とサックス(クラリネット、フルート含む)の2人での演奏でしたが、短くとも久しぶりに熱いステージを見た気がします。違うバンドでの飛び入りではありましたが、同じステージに立てたのはとても有意義でした。

イベントスペース「Solid」のHP http://eventspacesolid.com/

 

さて、イベントスペース「Solid」のほうはもう少し箱の改装があるようですが、なかなかこのクラスの箱は稀少ですし、今後には期待のできるライブハウスになっていくものと思われます。もちろんFM小金井のラジオステーションともコラボあり、前述のSound Kitchenともコラボあり、そしてゆくゆくはSound Magician IIのイベントも考えております。

とりあえず、8日の晩には札幌に戻ります。記事も続けていきますので、今後ともSound Magician IIをよろしくお願いします。